1 / 1 Page1

2004/03/31(水)
うるさいなぁ。(怒)
人が昼食食べてる横で壁に穴なんかあけるなよ。真剣にHP更新してるんだからどーでもいいことで話し掛けてくるなよ。今時のケータイは電話とメール以外にも色々できるんだからさ。わざわざ舐めるように観察しなくてよろしい。そんなに楽しい?てゆーか誰??(怒)何食べてようとどこ行こうと勝手じゃん。わざわざコメント要らんし…。私はあんた達が思ってるほど強くも弱くもないんだよ。…ほっといてくれるのが一番だって、なんでわかんないかなぁ。。。さすがに疲れた…。


2004/03/29(月)
らいぶおつかれさまでちた。
珍しく打ち上げも出ずに帰ったり。しかもFRONTIER号で送迎つき笑。あきくんありがとー(´ー`)なんか、、今回は準備期間から色んなこと考え過ぎてたからか、終わった途端胃痛が(>_<)壁をつくらざるを得なくなってた身近な人達、ごめんなさい。人より過敏な癖に、処理能力低いから…。顔のわりに、色々考えてるんですよわたくしも。 さて。次の活動の準備に入ります。容赦しません。自分にも、周りにも。


2004/03/25(木)
まっすぐな瞳。
うぅ。やられたぁ笑
このHPでも何度も出てきてる某アーティストさんだけどね。あのパワーはどこからくるんだろ(>_<)
で、また話飛ぶけど…まっすぐな心とか純粋さは、誰しも生まれた時は持っているものだと思うけど、大抵の人は成長とか経験によって少しずつなくしてしまうもので…もれなく私も。
でも、生まれたばかりの子供が純粋なのはある意味当然なことで、世の現実や不条理さを知ってなお純粋でいようと踏ん張れる心こそ尊ばれるべきだ。
何を持って純粋とするかは人それぞれだけど、私は自分自身にまっすぐでいられる事だと思う。


2004/03/19(金)
桜咲いたらしいね。
まさにMayの季節だわvってゆうかMemories~のねっ。なかなか好評なようで、聴いてくれたみなさんアリガトウ!!聴いてないひとは今すぐ聴きなさい!(命令)


2004/03/14(日)
いやー‥
馬路ムリ‥。
(添削)


2004/03/11(木)
さらに続き。
その果てに愛すべきかけがえのないものに出会えれば、それまでのどんな回り道も決してなくてはならなかった素晴らしい足跡となる。
本来、夢は追うものではなく、ついて来させるものだ。行き急ぐ余りいつしか順序を間違えて、汚くなろうとしすぎてた。経験も時として足枷になった。でも、殉死を誓える位の覚悟がないなら、安易に何かに頼るべきではないのだ。
目標が大きいほど、停滞は心焦らせ曇らせる。そんな時こそ時間をゆったり使って無に還れる余裕を持ちたい。
きっと大丈夫だ、心があるがままに呼吸できるようになった気がするから。


2004/03/10(水)
続き
今まで私は、唯一「痛み」だけをその触媒にしてきたけれど(正しくはそれしか出来なかった)、ここへ来て「愛」も触媒にできるようになった。
外から与えられる痛みに支配されている人間は、それに抗するための多大なエネルギーを発しているから「強く」見えるけれど、その力は痛みの手応えがなくなると消滅してしまう場合が多い。本当に戦うべき時は実はそこからで、自分の無力さにどれだけもがき苦しめるかで器が決まるだろう。
堕ちるところまで堕ちてもいい。暫く無気力になってみるのもいいと思う。<さらに明日に続いたり>


2004/03/09(火)
表現者として
一番大事なことは、常に己に素直であること。
(中略)
どんなに溺れても、それは決して逃避でも堕落でも束縛でもない。私の笑顔を、涙を、言葉を、歌を、開放させてくれるから。そして、それらは表現となり自由に溢れ出すことができるから。
感情を表現として溢れ出させる行為は、私には心の呼吸みたいなもの。うまく吐露できないと詰まってしまう。


2004/03/08(月)
4000越えたし。
めで鯛!でも最近キリ番カキコがないのねん‥(´Д`)
みなさま新設の『May辞書』みてねv毎日ちょっとずつ追加されてますよん。


2004/03/05(金)
続き
私はまた多分、しばらく出てこれなくなるかもしれないけど。もしかしたら、この選択が私の未来にとって結果的に間違いになるかもしれないけど。そして‥‥裏切ってしまう人も、少なからず出てしまうだろうけれども。
最初で最後の大冒険をしよう。
その間私が背負うものは、音と、あなただけでいい。。


2004/03/04(木)
珍しく不眠
眠れない、、感情が、高ぶり過ぎて。
ただただ無表情で、支配されるは自己嫌悪と近未来のシュミレーション。。
もう、駄目だ。やるべき事は見えている。欲している音の一カケラにも出会っている。なのに動けないのを自分の流されやすさのせいにしてその自己嫌悪からまた身動き取れなくなっていたけれど、どうやらなんでも背負いこんでしまう性格にも原因があるようだ。。
もう、駄目だ。もう、時間がない。
だから、時間をかけてでも、残りのカケラを吟味して探し集めよう。先の事を案じてられる程、若くも大人でも無い。(続く)


2004/03/02(火)
価値観(前日に同じく)完成版。
昨日のつづき。そして人生の価値なんてものも、基本数値は誰しもゼロであると思う。ただ、付加価値は確実に存在する。それは生存という本能の営みにおいて、他者との関わりの中でのみ生まれ得るものだろう。
その単なる一つの命が生まれ落ちたときには両親に限りない喜びを与え、嘘偽りのない笑顔は時として他者に計り知れない勇気や喜びを与える。
作りものでない一個人が本能から発する感情・言葉が、また他者のそれらを動かしてゆく、そんなところに生きる価値というものがあるのではないだろうか。


2004/03/01(月)
人生論(独断と偏見)
生きてる意味とか価値とか、捜し求めて悩んだりしてる人って意外に多いような。でもMay思います。そもそも生きてることに意味なんかない。自我と意思という得体の知れない代物を与えられた蛋白質(と脂肪‥笑)の塊である私たちには「生きろ」という司令が生れつきインプットされているわけで、生き続けている事自体が本能なのだから。結局のところ人間の行動なんて全て本能に支配されている。Mayが歌いたいのも本能だし。「理性」なんてものも、人間が進化の末に勝ち得た本能だと、私は思う。。価値については明日ねん(-。-)。oO