1 / 2 Page12

3000円料理付き呑み放題!
隣に座ってた団体(バンド関係ぽい)が、『いわゆるアイドル歌手まで「アーティスト」という呼び名で括られてるこの時代ってどうよ!?』みたいな話をあまりにも延々としてたおかげでこっちまでテンション下がった・・・
でも最後に行った王将がヒットでした。
チャーハンうま。

高卒認定試験受けよう。

2006/01/24 at 00:00

Mayは高校卒業してないのよ。二年まで修了して、そこで辞めちゃった。
特に素行不良でもなく(金髪ピアスだったけど校則違反ではなかったし)、友達がいなかったわけでもなく、成績もそれほど悪かったわけじゃない。
でも、行きたくなかった。行く意味がなかった。
何気に進学校だったから、二年の文化祭が終わるとみんな一気に受験勉強モードになっちゃって遊んでくれなくなる。休み時間もみんな参考書片手に勉強の話。塾の話。
もともと、そんな学校にいたわりにはMayは大学に行く気は全然なかったから、当然周りの子達になじめなくなる→校外で友達やら好きな人やらできる→そっちで一緒に遊びたい→バイトしまくる→睡眠時間が減ってなおさら学校に行くのがしんどくなる→音楽もやりたいのに、バイトと学校で精いっぱい→親に学費払わせてまでこんなつまらない思いするより、その時間分バイトすれば、あいた時間に音楽の勉強できるじゃないか。
ってな感じで。
でも今になって、専門学校行くのもいいかな?って気分。
探せば沢山学校あるけど、高卒資格なければ入れないところもけっこう多いので、とりあえず高卒認定試験受けとこうと思います。
二年まで修了してるから、多分ほとんどの科目が免除になるだろうし、50点とれれば間違いなく合格できるって情報を仕入れたので。
2~3科目で50点なら、取れるでしょー?
落ちたら笑ってください。多分8月に受験します。

トゲσ(TεT;)

2006/01/20 at 00:00

バイト中、膝上にマチ針くらいの太さのトゲがぶっすり刺さった・・・・
勝手に髪染めてヅラ出勤したバチか!!?

髪染めましたv

2006/01/19 at 00:00

ここ一年ちょっとバイトの都合でこげ茶~茶色の髪をキープしてたMayですが、もう限界。
久しぶりのハイブリーチだぁぁぴかぴか(新しい)
明日からバイトの時はヅラで出勤します。(笑)

(`×´)丿ウザイ!!

2006/01/18 at 00:00

Mayの身の回り(オンライン含め)各方面にウザイ、キモイ人多数出没中。
今これ読んで『もしかして自分のことかな!!?』って心配になったアナタはご安心ください、きっとアナタのことじゃありませんv
本当にウザイ・キモイ人は、それが自分のことだなんて夢にも思ってくれませんから・・・・。

危険胃薬・・・

2006/01/15 at 00:00

14日の22時くらいから15日の3時までチカ嬢の誕生日呑み。
帰ってきてから、そんなに沢山呑んでないから酔いも醒めてたけど、ちょっとだけ胃が気持ち悪かったので念のためと思い、薬●胃腸内服液という名の液体胃薬を飲んでおいた。
一時間後。
冷や汗脂汗猛烈な腹痛、上から下から全部出尽くしました。
15分ほど苦しみ、けろっと治りましたが・・・
あれは絶対アノ薬のせいだ・・・・。
皆様お気をつけあれ爆弾

世間は狭いなぁ・・

2006/01/14 at 00:00

ウチのサポートベーシストYOSHI氏が別バンドのサポートでライブに出たので見に行ったんですよ。
そしたらバイトの先輩が同じイベントの対バンのバンドを見に来るわ、知ってるカメラマンさんがライブ写真撮ってるわでビックリですよ。
日本の人口は実は数万人しかいないんじゃないかとか、こんなときは真剣に考えちゃうわいい気分(温泉)

ついに顔を出した!!

2006/01/12 at 00:00

右下親知らず!!!
歯茎に裂け目が出来て、白い頭が出てきました。
・・・イタイ。

成長したのかしら。

2006/01/11 at 00:00

中高生の頃、すっごく憧れてたバンドのCDを久しぶりに聴いた。
‥‥なんか、今聴けばたいしたこと無いなぁぁ(笑)
いや、全然悪い意味じゃなく、
その頃の私には雲の上に近い存在だった人たち。
だけど、年齢的にも潜在能力的にも、今の私は当時の彼らと同等なものを生み出すことが可能なレベルに達しているということなのだろう。
まぁ、この先私が大物になったとしてもその頃憧れた姿には一生追いつかないんだろうケドね。

人にムカついたり上手く意思疎通ができなかったとき、私はわりと『まぁ、ああいう人だから仕方ないなー』で片付けちゃう人です。
諦めといえばそれまでなんだろうけど、怒ったり否定したりしても仕方ないことが多いし、言い争いになんかなったらそれこそ面倒。
どっちにも利がないもん。
もちろん、自分の中で絶対に譲れない最終ラインってのはあって、そこを踏み越えられたら狙撃モードに入っちゃうけど。
私事ですが、
ウチの両親は、私から言わせればただ単にお互いの性の違いが由来の考え方や価値観の違いが許せなくて、理解できなくて、離婚にまで至ったようなもんで…
バカらしいじゃない、そんなの。。
価値観が合うか、意見が合うかも確かに大切。
その辺が全く食い違う人となんて、たまにですら一緒に呑んだりしたくない。
だけど、何もかも全てが一緒じゃなきゃ気が済まなくて、そのせいで身近な人との関係を失ってしまうことは極力したくない。
完全に自分と同じ考え方の人間なんているわけ無いんだから。
ましてや、違う性、違う仕事、違う趣味の相手だったら尚更、考え方の違いを埋めようとするよりイイところを学んで自分の人生に生かそうよ。。
家族、恋人、親友など、近ければ近い人ほど、少々のすれ違いはスルーしなきゃならないと思います。