ふと、思い出した。
私に枯渇しているものは「父親的な愛」だ。

私の育った家庭はあまり環境が良いとは言えなかったんだけど、そんなのは今時ありふれた事で、特に不幸だったなんて思わないけれど…

ただ、父親の愛を感じた記憶は無い。
可愛がってもらった事はあるけど。

多分父親なりに愛情は注いでくれていたんだろうけど、私には残念ながら伝わらなかったわけで……

どんなに愛していたとしても、伝わらなければ意味がない。

愛があれば言葉は要らない、なんて大嘘。
言動行動とスキンシップと、五感を総動員して、伝えて……

私は今やっと、本当にフラットな状態だと言える。
私自身の努力もあるけどそれ以上に、かなり類い稀な域で、恵まれてるんだ。

1 / 1 Page1